部門別計算 複数基準配賦法



複数基準配賦法は、補助部門費を変動費と固定に区別して配賦します。
変動費は、用役消費量を配賦基準とする。
固定費は、用役消費能力を配賦基準とする。

資料

        切削部門  組立部門
月間実際消費量 : 100     50
月間消費能力:   60      30

実際動力部門費:
変動費 600
固定費 900
計   1,500






単一基準配賦法

直接配賦法によりおこなう。

切削部門

  1,500(動力部門費合計。変動費+固定費)    ×100(切削部門実際消費量)
100(切削部門実際消費量)+50(組立部門実際消費量)
=1,000



組立部門

  1,500(動力部門費合計。変動費+固定費)    ×50(組立部門実際消費量)
100(切削部門実際消費量)+50(組立部門実際消費量)
=500





複数基準配賦法

補助部門変動費配賦額
実際補助部門変動費金額 ×各補助部門
 実際消費量合計


補助部門固定費配賦額
実際補助部門固定費金額 ×各補助部門
 実際消費能力合計

変動費
切削部門:600 ×100 = 400
     150
組立部門:600 ×50  = 200
     150

固定費
切削部門:900 ×60 = 600
     90
組立部門:900 ×30  = 300
     90

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする