部門別計算


原価の部門別計算とは

原価の部門別計算とは、
費目別計算において把握された原価要素を、原価部門別に分類集計する手続をいい、原価計算における第二次の計算段階である。

「原価計算基準より」





前提条件

直接配賦法 資料








1次集計(部門共通費配賦)

部門共通費である建物減価償却費700を専有面積で各部門に配賦します。
1 1次集計 共通費配賦

共通費総額 ×配賦基準
配賦基準総額


切削部門:200=700 ×200
        700
組立部門:200=700 ×200
        700
動力部門:100=700 ×100
        700
修繕部門:100=700 ×100
        700
事務部門:100=700 ×100
        700








2次集計(補助部門配賦)

次に補助部門の配賦を行います。
配賦方法として
・直接配賦法
・相互配賦法(簡便法)
・相互配賦法(連立方程式法)
・階梯式配賦法
があります。

それでは、直接配賦法から見ていきます。


直接配賦法

補助部門費を製造部門にのみ配賦する方法。
直接配賦法

配賦金額 ×配賦基準
配賦基準総額


動力部門
切削部門:416=832 ×200
        400
組立部門:416=832 ×200
        400

修繕部門
切削部門:222=400×50
        90
組立部門:178=400 ×40
        90

事務部門
切削部門:100 =200×30
         60
組立部門:100=200 ×30
         60




相互配賦法(簡易)

1次配賦では、製造部門、補助部門に配賦し、2次配賦では、製造部門のみ配賦を行う方法。

1次配賦
相互配賦法(簡易 1次)

配賦金額 ×配賦基準
配賦基準総額

1次配賦

動力部門
切削部門:333=832 ×200
        500
組立部門:333=832 ×200
        500
修繕部門:116=832 ×100
        500

修繕部門

切削部門:200=400 ×50
        100
組立部門:160=400 ×40
        100
修繕部門:40=400 ×10
        100


事務部門
切削部門:60=200 ×50
        100
組立部門:60=200 ×40
        100
動力部門:40=200 ×10 
        100
修繕部門:40=200 ×10
        100

第2次配賦
相互配賦法(簡易 2次)

動力部門

切削部門:40=80 ×200
        400
組立部門:40=80 ×200
        400

修繕部門

切削部門:115=206 ×50
        100
組立部門:92=206 ×40
        100




相互配賦法(連立方程式法)

配賦
各部門費を1とし、割合に応じて配賦を行います。
3-1部門費配賦表(連立方程式法)

連立方程式
配賦ができたら、縦を元に連立方程式で解いていきます。
3-2部門費配賦表(連立方程式法)

上記から
A=832+0.1B+0.2C
B=400+0.2A+0.2C
C=200
Cを代入
A=832+0.1B+0.2×200
B=400+0.2A+0.2×200

A=872+0.2B
B=440+0.2A

BをA式に代入
A=872+0.2×(440+0.2A)
A=872+88+0.04A
A-0.04A=960
0.96A=980
A=960÷0.96
A=1,000



階梯式配賦法

階梯式配賦法は、補助部門を順位付けし、配賦を行います。

順位付け
1.他部門への用役件数が多い補助部門が上位。
階梯式配賦法 1用件件数が多い補助部門

2.用役件数が同数の場合、第1集計費の多いほうを上位。
階梯式配賦法 2同数の場合1次集計の多い方

動力部門1件、修繕1件、事務部門2件なので、事務部門が1番に来ます。

事務部門配賦
事務部門を従業員数で配賦します。
階梯式配賦法 4配賦1

切削部門:60=200(事務部門)×30(切削部門従業員)÷100(従業員合計)
組立部門:60=200(事務部門)×30(組立部門従業員)÷100(従業員合計)
修繕部門:40=200(事務部門)×20(修繕部門従業員)÷100(従業員合計)
動力部門:40=200(事務部門)×20(動力部門従業員)÷100(従業員合計)

動力部門配賦
動力部門:832+40=872
動力部門872を配賦します(小数点以下四捨五入)。
なお、上位部門である事務部門には配賦をしません。
階梯式配賦法 4配賦2

切削部門:349=872(動力部門)×200(切削部門動力消費量)÷500(動力消費量合計)
組立部門:349=872(動力部門)×200(組立部門動力消費量)÷500(動力消費量合計)
修繕部門:174=872(動力部門)×100(修繕部門動力消費量)÷500(動力消費量合計)

修繕部門配賦<
修繕部門:400+40+174=614
修繕部門614を配賦します(小数点以下四捨五入)。
なお、上位部門である事務、動力部門には配賦をしません。
階梯式配賦法 4配賦3

切削部門:341=614(修繕部門)×50(切削部門修繕作業時間)÷90(修繕作業時間合計)
組立部門:273=614(修繕部門)×40(組立部門修繕作業時間)÷90(修繕作業時間合計)




 関連記事

仕損



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする