セグメント 継続か廃止かの意思決定


前提条件

直接原価計算により製品別損益計算をおこなったところ、製品Cにおいて赤字が発生した。
赤字が発生した部門(製品Cを制作)の生産・販売を継続か廃止かの検討をする。

固定費の内訳
 個別固定費
 ・宣伝広告費
 ・保険料

 共通固定費
 ・給料
 ・減価償却費
 ・その他 一般管理費

0設問 損益計算書






製品品種別損益計算書 作成

共通固定費を考慮しない場合で赤字が発生するか見ていきます。
順を追って製品別損益計算書を作成していきます。

貢献利益

製品品種別損益計算書1 貢献利益
売上高から変動費を差し引き、貢献利益までは同じです。



製品貢献利益

製品品種別損益計算書2 個別固定費

広告宣伝費、保険料を個別固定費でまとめ、製品貢献利益を求めます。



営業利益

製品品種別損益計算書3 共通固定費

個別固定費以外の固定費を共通固定費としてまとめ、営業利益を求めます。
ここでの共通固定費は、給料、減価償却費、その他一般管理費です。





結果

共通固定費を考慮しない場合、製品Cは+1,700となり、黒字となりました。
ゆえに製品Cの生産・販売は継続すべきとなりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする