副産物

スポンサーリンク


副産物の流れ

原価配分:平均法

副産物 流れ





第1工程

材料費

1-1第1工程 材料 副産物

月末
月初金額+当月投入金額 ×月末個数
完成品個数+月末個数

2,000+12,000 ×40 =5,600
 60+40

完成品
月初金額+当月投入金額-月末金額
2,000+12,000-5,600=8,400

ボックス完成
1-2第1工程 材料 完成 副産物



第1工程 加工費

2-1第1工程 加工費 副産物

進捗度
月初:0.6
月末:0.5

個数算定
月初:12個=20個×0.6(進捗度)
月末:20個=40個×0.5(進捗度)
当月投入:68個=60個(完成品)+20個(月末)-12個(月初)

月末
月初金額+当月投入金額 ×月末個数
完成品個数+月末個数

1,440+8,160 ×20個 =2,400
 60+20

完成品
月初金額+当月投入金額-月末金額
1,440+8,160- 2,400=7,200

ボックス完成
2-2第1工程 加工費 完成 副産物



副産物

完成品:10個
正常市価:1個あたり10
10個×10=100



合計

月末
5,600(月末)+2,400(加工費)=8,000

原価
8,400(原料)+7,200(加工費)-100=15,500



原価の配賦

資料

製品A
正常市価:400
見積加工費:10
見積販売費:5
第1工程完成品:40
第2工程加工費:2,000

製品B
正常市価:800
見積加工費:15
見積販売費:5
第1工程完成品:20
第2工程加工費:2,500



見積正味実現可能価額

(市場市価-見積加工費-見積販売費)×完成費品
製品A
(400-10-5)×40=15,400

製品B
(800-15-5)×20=15,600



原価配賦

  原価 総額   ×見積正味実現可能価額
見積正味実現可能価額 総額

製品A
  15,500   ×15,400 =7,700
15,400+15,600

製品B
  15,500   ×15,600 =7,800
15,400+15,600



製品原価および単位原価

製品A
総原価
7,700+2,300(加工費)=10,000

単位原価
10,000÷40個=250

製品B
総原価
7,800+1,200(加工費)=9,000

単位原価
9,000÷20個=450

副産物
スポンサーリンク
live 1をフォローする
スポンサーリンク
わかりやすく解説! 工業簿記

コメント