材料と労務費は、なぜ月初と月末の貸借が逆になるのか



材料と労務費は、なぜ月初と月末の貸借が逆になるのか。

1材料と労務費

結論からいうと、
月末において材料は費用の戻し、労務費は費用の見越し計上するという、計上が違うため貸借が逆になります。
そして月初は月末の振替になります。
そのため、月初、月末において逆になります。

それでは、例をもとに検証していきたいと思います。






材料

出庫方法は先入先出法とします。
今月4月1日から会社を設立しました。

4月10日 仕入

1個@50を10個仕入。

材料① 500② / 買掛金 500
(費用)

①購入した材料を費用として計上します。
②@50×10個

ボックス
11 材料 仕入 ボックス

購入分(10個)
12 仕入 箱



月末 4月30日

月末在庫
材料10個のうち、3個が使われず残った。

原材料① 150② / 材料③ 150②
(資産)    (費用)

①残ったものは資産として計上します。
②@50×3個
③残ったものは購入時に費用としているので戻します。

ボックス
20 材料 月末在庫 ボックス

原材料 在庫
21 月末在庫 箱

当月消費量
当月消費量は、購入量から月末在庫を差引いた金額となります。
350=500(購入量)-150(月末在庫)
22 材料 当月消費量 ボックス



月初 5月1日

材料 150 / 原材料 150
(費用)   (資産)

前月では、原材料という資産が3個(150)あります。
当月では、この原材料を使うため、費用に振替えます。
そのため、費用を計上し、資産を減少させます。

ボックス
510材料 月初

材料
511材料 月初 箱 5月



仕入 5月10日

1個@60を10個仕入。

材料① 600② / 買掛金 600
(費用)

①購入した材料を費用として計上します。
②@60×10個

ボックス
520材料 仕入 5月

材料 月初(3個)+購入分(10個)
522材料 仕入 箱 5月



月末 5月31日

月末在庫
5個が使われず残った。

原材料① 300② / 材料③ 300②
(資産)     (費用)

①残ったものは資産として計上します。
②@60×5個
③残ったものは購入時に費用としているので戻します。

ボックス
530材料 月末 5月

原材料 在庫
531月末 箱 5月

当月消費量
当月消費量は、購入量から月末在庫を差引いた金額となります。
450=150(月初)+600(購入量)-300(月末在庫)
532材料 消費量 5月





労務費

それでは、労務費を仕訳で見ていきます。

今月4月1日から会社を設立。
一人を雇い、直接労務費の給与のみ発生。
給与の締めは20日締めで25日支払い。

20日給与支給額計上 4月25日

日給は1日1,000
支給範囲は4月1日~4月20日です。

賃金 20,000① / 現金 20,000

①@1,000×20日

50 労務費 給与支給 4月

ボックス
51労務費 給与支給 4月 ボックス



月末

当月未払賃金
月次決算は4月1日~4月30日の1ヶ月分を報告しなければなりません。
4月21日~4月30日の賃金はまだ払っていませんが、未払の労務費として費用計上する必要があります。

賃金 10,000 / 未払賃金 10,000

①@1,000×10日

60 労務費 月末未払 4月

ボックス
61労務費 月末未払い 4月 ボックス

当月消費額振替

仕掛品 30,000① 労務費 30,000

①20,000(当月支給)+10,000(当月未払額)

ボックス
62労務費 当月消費額 4月 ボックス



5月1日 月初

前月計上した未払賃金を逆仕訳します。

未払賃金 10,000 / 賃金 10,000

70 5月 月初戻し 時系列 

ボックス
71 労務費 月初 5月



20日給与支給額計上 5月25日

日給は1日1,000
支給範囲は4月21日~5月20日。

賃金 30,000① / 現金 30,000

①@1,000×30日

80 労務費 給与支給

ボックス
81 労務費 給与支給 5月



月末

当月未払賃金
4月と同様
5月21日~5月31日分を未払労務費として費用計上します。

賃金 11,000 / 未払賃金 11,000

①@1,000×11日

90 労務費 月末 5月

ボックス
91 労務費 月末未払 5月

当月消費額振替

仕掛品 31,000① 労務費 31,000

①30,000(当月支給)+11,000(当月未払額)-10,000(前月未払額)

ボックス
100 労務費 当月消費額 5月





まとめ

20 まとめ

月末

材料
材料の月末は、使わなかった材料はすでに費用化していることから、資産に振替えるため貸方にきます。

労務費
労務費の月末は、労務費は月末まで発生するが、締めの関係上払っていない分は計上していないので、月末で費用計上します。そのため、借方に来ます。

月初

材料
材料の月初は、前月末に資産計上したものを費用化するために借方にきます。

労務費
労務費の月初は、前月末に見越し計上した分を戻すので貸方にきます。

まとめ

つまり、月末において材料は費用の戻し、労務費は費用の見越し計上するという、計上方法が違うわけです。月初は月末の振替になります。
そのため、月初、月末において逆になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする