直接標準原価計算


全部標準原価計算と直接標準原価計算

直接標準原価計算






資料

原価標準
 直接材料費:10円/g×10g/個=100円
 直接労務費:40円/時間×1時間=40円
 製造間接費:
変動費:8円/時間×1時間=8円
固定費:12円/時間×1時間=12円
   計           160円
正常直接作業時間:100時間
変動製造間接費:800円(8円/時間×100時間)
固定製造間接費:1,200円(12円/時間×100時間)

月初仕掛品:10個
進捗度:0.8
当月投入:120個
実際投入原価
 直接材料費:15円/g×1,000g=15,000円
 直接労務費:50円/時間×90時間=4,500円
 製造間接費:2,400円(30円/時間×80時間) 
  変動費:800
  固定費:1,800

完成品:100個
月末仕掛品:30個
実際直接材料残:180g
進捗度0.6

1個あたり販売価額:300円/個
販管費:
 変動費:5円/個
 固定費:1,500円

月初製品 20個
当月完成品 100個
 計   120個
月末製品 40個
当月販売 80個

変動販売費の原価標準
6円

固定製造間接費
4,800円







個数の算定

材料費
個数(材料)

労務費・製造間接費
個数(労務費・製造間接費)

月初:8個=10個×0.8(進捗度)
月末:18個=30個×0.6
当月投入:110個=100個(完成品)+18個(月末)-8個(月初)











損益計算書

損益計算書

Ⅰ 売上高
24,000
Ⅱ 標準変動売上原価
 1.月初製品棚卸高
2,960
 2.当月製品製造原価
14,800
  合 計
17,760
 3.月末製品棚卸高
5,920
11,840
  標準変動製造マージン
12,160
Ⅲ 標準変動販売費
400
   標準貢献利益
11,760
Ⅳ 標準変動費差異
 1.価格差異  借
△ 5,000
 2.数量差異  貸
200
 3.賃率差   借
△ 1,100
 4.時間差異  貸
800
 5.変動製造間接費
   予算差異 借
△ 1,760
 6.変動製造間接費
   能率差異
 貸
△ 1,760
 7.変動販売費
   予算差異
 貸
80
△5,980
    実際貢献利益
17,740
Ⅴ 固定費
1.固定製造間接費
1,200
    予算差異
600
 2.固定販管費
1,500
3,300
    営業利益
14,440

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする