材料受入価格差異、材料消費価格差異(材料費)

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

材料受入価格差異

購入価格を予定価格で計算し、のち実際購入価額が判明後差額を材料受入価格差異とするものです。
材料受入価格差異

それでは、具体的に設例を見ていきます。

材料受入価格差異 設例

資料

材料はすべて予定価格を用い、1個あたり単価100としている。
1-1材料受入価格差異 資料

実際当月購入単価は120と判明した。

予定価格で算定

予定価格100でボックスを完成します。
1-2材料受入価格差異 資料

月初:@100(予定価格)×10個=1,000
当月購入:@100(予定価格)×110個=11,000
月末:@100(予定価格)×20個=2,000
当月消費:@100(予定価格)×100個=10,000

材料受入価格差異算定

実際発生額が@120と判明したので、実際発生購入額は
@120×110個=13,200
となりました。
しかし、予定価格ですでに購入価額は計上してあるため、差額分を計上します。
予定価格による購入時

借方 金額 貸方 金額
材料 11,000 買掛金 11,000

 

 

実際購入時

借方 金額 貸方 金額
材料 13,200  買掛金 13,200

 

 

差額

借方 金額 貸方 金額
材料 2,200 買掛金 2,200

 

となるはずですが、予定価格による計上ですでに確定しているため、この差額は材料

受入価格差異として計上します。

借方 金額 貸方 金額
材料受入価格差異 2,200 買掛金 2,200

 

1-3材料受入価格差異 資料

材料消費価格差異

消費価格を予定消費額で計算し、差額を材料消費価格差異とするものです。
2-1材料消費価格差異 資料

材料消費価格差異 設例

資料

実際1個あたり単価
月初:90
当月購入:110
予定1個あたり単価
消費:100
先入先出法を採用
材料消費価格差異

予定消費の計上

当月消費分を予定消費で計上します。
@100(予定消費単価)×100個=10,000

借方 金額 貸方 金額
仕掛品 10,000 材料 10,000

 

実際消費判明時

実際消費が判明したらその金額を当てはめていき、実際の消費分を算定します。
月初:@90(実際単価)×10個=900
当月購入:@110(実際単価)×110個=12,100
月末:@110(実際単価)×20個=2,200
当月消費:900(月初)+12,100(当月購入)-2,200(月末)=10,800
2-2材料消費価格差異 実際金額判明時

材料消費価格差異計上

予定消費10,000に対し、実際消費は10,800となりました。
この差額が、材料消費価格差異となります。
なお、すでに材料消費は予定価額で仕掛品に振替えているため、生じた差額は
材料消費価格差異で計上します。

借方 金額 貸方 金額
材料消費価格差異 800 材料 800

10,000(予定消費)-10,800(実際消費)=△800
2-3材料消費価格差異 差異

 

 関連記事

材料副費
材料と労務費は、なぜ月初と月末が逆になるのか

 

コメント