平均法(総合原価計算)

スポンサーリンク


当期の直接材料費総額(期首仕掛品および当期製造費用中に含まれる直接材料費の合計額)および当期の加工費総額(期首仕掛品および当期製造費用中に含まれる加工費の合計額)を、それぞれ完成品数量と期末仕掛品の完成品換算量との比により完成品と期末仕掛品とにあん分して、それぞれ両者に含まれる直接材料費と加工費とを算定し、これをそれぞれ合計して完成品総合原価および期末仕掛品原価を算定する(平均法)。

原価計算基準 第2章実際原価の計算 第4節原価の製品別計算
24総合原価計算における完成品総合原価と期末仕掛品原価 2
 より



平均法は、期首仕掛品と当期製造費用の合計を、完成品数量と期末仕掛品数量との比により、完成品と期末仕掛品とにあん分します。そして直接材料費と加工費とを算定します。
5平均法 算定方法








スポンサーリンク

資料

進捗度
月初:0.5
月末:0.4

0材料費

1加工費

直接材料費

月末仕掛品原価

月初仕掛品原価+当月製造費用 ×月末仕掛品換算量
完成品量+月末仕掛品換算量

1,000+13,500 ×200 =2,900
800+200



完成品原価

月初仕掛品+当月製造原価-月末仕掛品
1,000+13,500-2,900=11,600



ボックス完成

10材料費(平均法)



加工費

数量算定

月初仕掛品
100個×0.5(進捗度)=50個

月末仕掛品
200個×0.4(進捗度)=80個

当月投入
800(個、完成品)+80(個、月末仕掛品)-50(個、月初仕掛品)=830個
20加工費 個数(平均法)



金額算定

月末仕掛品原価
1,000+20,750 =1,977(小数点以下四捨五入)
800+80

完成品原価
月初仕掛品+当月製造原価-月末仕掛品
1,000+20,750-1,977=19,773

ボックス完成
21加工費 (平均法)



合計

月末仕掛品原価

2,900(直接材料費)+1,977(加工費)=4,877

完成品原価

11,600(直接材料費)+19,773(加工費)=31,373

完成品単位原価

31,373÷800=39.2(小数点第2位を四捨五入)

仕掛品勘定

30仕掛品

コメント